My Yahoo!に追加 Add to Google  にほんブログ村 映画ブログへ

2011年03月05日

メカニック

The Mechanic 〜日本公開2011年3月7日〜

Mechanic.jpg

こちらもまた70年代のリメイクと来ていますが、今回は、『トランスポーター』、『エクスペンダブル』でお馴染みの二枚目俳優、ジェイソン=ステイサムに、『3時10分決断のユマ』 でチャーリーというラッセル=クロウの子分を演じたベン=フォスターを揃えています☆

メカニックとは、暗号みたいなもので、ネット上であたかも求人情報を検索するように、検索をかけると、メカニックの募集があがってきて、そこをクリックすると、殺しのターゲットが写真付きで出てくるというもの。


おススメ度 80点 / 100点


アクションはすばらしいものの、トータルでは、悲しいストーリー☆
でも、ジェイソン=ステイサムが演じるからこそ、またその悲しさが、渋い映画となっている。

快適な音楽とともに、次々にクールなアクションが展開される、スピーディーな映画♪
ときには笑えるコメディ的要素も含む。

私のなかではかなりおススメの映画だ。





〜以下ネタバレ〜




ある日、ジェイソン=ステイサム演じるアーサー(殺し屋)は、良き友人を殺さなくてはいけなくなった。
そこで助けるフリをして実際に殺してしまったのには驚いたが、後日、墓に参ったとき、たまたまその友人の息子スティーブに鉢合わせる。

スティーブは、父の友人と知り、暗殺の訓練をして自分にいろいろ教えてほしい、と申し出て、アーサーの弟子になりバディーとして組み、いい関係を築きながら暗殺の仕事を次々とこなす。

あるときには、敵に殺されかけたスティーブを、アーサーが助けたり、はらはらどきどきのスリリング満点さ。

しかし、スティーブは、ある日、ついにアーサーの家で、父親の銃を発見してしまう;
銀色で、Virtory がうんぬん、と書かれている、印象的な銃だ。
これで、すぐにわかった、親密に慕ってきた、師のアーサーが自分の父を殺したのだと。

さあ、どうでるスティーブ!?




〜以下、さらにネタバレ〜



これまでの関係も一変し、頭に来たスティーブは、ひそかに、ガソリンを給油する際、アーサーの車をオイルまみれにし、遠方から発砲して爆破させ、アーサーを殺した(つもりだった)。

しかし、父を殺した事実を隠してきたアーサーのほうがプロの殺し屋として一枚も二枚もウワテだった。
アーサーにはこの復讐が分かっていたので、相手の行動を先読みして、準備していたのだ。

スティーブは案の定、アーサーの家に行き、アーサーに障るなと言われていたレコードをかけ、アーサーの車を盗む。
しかし、アーサーは先回りして、車に爆弾をしかけていた。

スティーブが、アーサーが後部席に残した手紙(これを読んだとき、お前は死ぬ、という内容)を読んだ瞬間、彼の乗った車は大破し、スティーブは死ぬ。

アーサーは、死から脱出した興奮と、悲しみと後悔の入り混じった、複雑な心境のまま、またひとりに戻っていく。

寂しい、悲しいエンディングが、またよかった。
本当にいくら暗殺の仕事とはいえ、父親を殺されたスティーブ、その父を殺した相手(しかも友人)から学んでいたという事実がひどすぎる。

が、2流俳優から、1流俳優へとなりつつある、ジェイソン=ステイサムが、『3時10分決断のとき』のチャーリーごときに、負けてなるか、というものだ。
ジェイソン=ステイサムのほうが、実生活でも映画のなかでもウワテという点でも、満足のいく映画だった☆


このほかの映画につきましては、
『カレンダー』 『カテゴリ』 『新着記事』 などからご覧ください☆
人気Blog応援クリックヨロシクね♪

posted by ruff ruff at 00:00 | マイアミ ☀ | Comment(0) | アクション (Action)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。