My Yahoo!に追加 Add to Google  にほんブログ村 映画ブログへ

2010年12月20日

ウォール・ストリート

Wall Street : Money Never Sleeps 〜日本公開2011年1月28日〜

wallstreet.jpg

こちらも80年代の『ウォール街』 のリメークというか、続編です☆
『ウォール街』 もオリバー=ストーン監督でした。

それにしても、こうした超、大金を動かす人たちってすごいですね♪
間違っても私はこういう運命の星のもとに生まれなかったというか。。。 
全く思考も権力も逸脱しています。

ムショから出てきてもまだ金持ち$$$
汚いことをするにも恐れもなく、慣れているところが、こういう人たちの怖いところ。

私にはこんなゲームはとてもやってられないです、無理、無理、無理。

マイケル=ダグラス主演(ゲッコー役)☆
マイケル=ダグラスがまた、こういう役がしっくりとハマッてしまうところが凄すぎる!
夢見る若手には、『トランスフォーマー』 のシャイア=ラブーフ。
ゲッコーの娘ウィニー役には、キャリー=マリガン。

このキャリー=マリガン、私は大好きなんですね♪ 
イギリス人ですが、ふわふわ柔らかそうで、優しそうで、とても可愛いと思います☆



おススメ度 75点 / 100点


お金の単位、0の数が多すぎて、難しいところもありましたが、面白かったですよ☆



〜以下、ネタばれ〜


娘ウィニーの名義でスイスの銀行に大金を預けていたのですが、共同名義が父なので、父のサインなしには、ウィニーには何もできないところがもどかしかった。
ウィニーは、父は悪党だ、と言い続けてきたが、お金を持って高飛びし、アパートから消えたゲッコーは、まさに、悪党そのものだった。
こういう人って、家族愛とかより何より、お金が第一なんですよね。

でも、結局、妊娠したウィニーの超音波のDVDを、ひとり影に隠れて見ていた。
冷血漢で、お金の亡者でも、おじいさんになる喜びを感じていた?
娘や孫を失いたくないと思ったのだろうか?

私、個人的には、それでやっと心を動かされたゲッコーに、やっと最後、人間味を感じてホッとした次第です☆
(それでも最初は動じなかったですからね、義息子となるジェイクの腕、説得力も大したものだったと評価したいです!)

いや〜、すごすぎて、難しすぎて、私には、無理、無理、無理。
ウォール街なんて、ほんとご縁のない世界でございます☆

このほかの映画につきましては、
『カレンダー』 『カテゴリ』 『新着記事』 などからご覧ください☆
人気Blog応援クリックヨロシクね♪

posted by ruff ruff at 00:00 | マイアミ ☁ | Comment(0) | ドラマ (Drama)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。