My Yahoo!に追加 Add to Google  にほんブログ村 映画ブログへ

2011年02月01日

Little Fockers / リトル・フォッカーズ

Little Fockers 〜日本公開未定〜

littlefockers.jpg

う〜〜〜ん!これは ><
いや、ハッキリ言ってこれまでの作が面白すぎたんですよ☆
3作目は比較すると全然だめですが、比べなければまだマシなのかな。

Little Fockers とはもちろん子供たちのこと。


おススメ度 70点 / 100点


前作の、『Meet the Parents / ミート・ザ・ペアレンツ』 でアメリカ中をおなかの皮がよじれるほど笑わせた期待を背負って、オープニングではすごい観客動員数だったものの、期待はずれにガッカリした人も多かった模様。

ロバート=デ=ニーロ、ダスティン=ホフマン、バーバラ、ベン=スティラーと、前回同様、大物俳優陣をそろえての映画だったのに。
ベン=スティラーの親友で、ちょっと前に自殺未遂を図ったオーエン=ウィルソンも出演していますが、お情け出演もいいところ!
この人が出ないほうが良かったんではないか?と個人的には思います。

私は今レビューを書いていますが、実際観たのは数ヶ月前の話ですが、もう内容を忘れるほど、、、それほど大したことなかったってことでしょうか。


〜以下、ネタバレ〜


あ、そうそう!そういえば・・・。
バイアグラを売る会社に勤めるグレッグが、ジェシカ=アブラ演じるアンディと、浮気の疑いをかけられるんですよ。
そこをまたロバート=デ=ニーロが娘パムのために実態を突き止めようと、尾行したりするんですが。
ちょっと、そういう設定自体が、しょーもないです。

また、ジェシカ=アブラがうざったい!
わざとらしくグレッグに大げさに人前で抱きついたり、部屋に行って自分から服を脱いで誘ったり、隙を狙ってグレッグとのツーショットの写真を撮ってそれをインターネットに掲載したり、いかにも南米女まる出し。

グレッグは自分がシロであることを証明しなければならず、結局、誘惑されることもなく、実際はパム一筋なんですがね。

あまり笑えない映画でガッカリ。
間違えても、『Meet the Parents ミートザペアレンツ』 には及びもしないですので、期待してみないように〜!!!

このほかの映画につきましては、
『カレンダー』 『カテゴリ』 『新着記事』 などからご覧ください☆
人気Blog応援クリックヨロシクね♪

posted by ruff ruff at 00:00 | マイアミ ☁ | Comment(0) | コメディ (Comedy)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。