My Yahoo!に追加 Add to Google  にほんブログ村 映画ブログへ

2011年01月08日

パラノーマル・アクティビティ2

Paranormal Activity 2 〜日本公開未定〜

paranormal2.jpg

だいたい1作目がよかったからといって、後から慌てて2作目を作ってヒットを狙った場合は、良くなくてハズすものが多いですが (逆に、はじめから続編ストーリーが出来上がっていたものはヒットすることが多い!)、これも例外ではありません。
正確には1作目のビデオ記録の直前の2、3か月の記録なので、続ではなく、前になるのですが、大してパッとしなかったな〜。1作目のヒットがあっただけに余計にね。


おススメ度 65点 / 100点


なぜケイティにデーモンが憑くようになったのか?
1作目で、ケイティが妹もデーモンを見ると言っていたのを覚えていらっしゃいますでしょうか?
今作は、要は妹に憑いているデーモンの話なのですが、妹の幼いときはすっ飛ばして、もう成人していて結婚して子供もいるところから始まります。

2作目ではケイティがしょっちゅうこの妹の家に遊びに来るのですが、1作目では妹のイの字もなく、妹の夫にも赤ちゃんにも触れることもなく、
全然訪れてなかった点が一番不自然で、いかにもこの続編が後でとって付けられたものであるかを感じさせられました。



〜以下ネタバレ〜


妹に憑いているデーモンが、ケイティに乗り移る、妹は自由の身になり、今度は苦しむのはケイティ。
なんとも皮肉な話です。

でも、結局ケイティはBFのミカを殺し、妹の家にもナイフを持ってやってきてこの夫婦も始末します。
助かるのは不在中だった、妹の夫の連れ子だけ。
いちいち連れ子がいるっていう設定も、わざとらしくてうざったいですが。

そして、ケイティは妹の産んだ赤ちゃんを連れて行方をくらまします。
ケイティはどこへ行ったか?
なぜこの赤ん坊が必要なのか?

それは、ケイティ姉妹のおじいさんが、その昔デーモンと取引をして契約を交わしたことに起因します。
このバカモンじいさんは、自分が助かりたいため、将来生まれてくる自分の子孫の男の子をデーモンに差し出すから、自分のことは助けてくれ、と取引したのです。

だからデーモンは、ケイティの妹に生まれた男の子を約束どおり連れに来た。
でもこの姉妹はそんなおじいさんが交わした契約のことなど何も知らないからデーモンを恐れ、苦しむ羽目に。
そして罪のないBFや夫も犠牲になった。

孫やひ孫の世代で、悪魔にツケを払っただけの話。
自分の子孫にそんな重荷を貸してしまう直系の爺さんって、一体何???
ストーリー性から言うと極めてばかばかしいかな〜。

面白いといえば面白い、いい時間つぶしにはなるし、他の山ほどある冴えない映画を観るよりはよほどかいいと思いますが、1作目のような期待はしないほうがいいのは確実!


このほかの映画につきましては、
『カレンダー』 『カテゴリ』 『新着記事』 などからご覧ください☆
人気Blog応援クリックヨロシクね♪

posted by ruff ruff at 00:00 | マイアミ ☁ | Comment(0) | ホラー (Horror)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。