My Yahoo!に追加 Add to Google  にほんブログ村 映画ブログへ

2010年10月20日

Splice / スプライス

Splice / スプライス 〜日本公開2011年1月8日〜

Splice.jpg

うわー、SFかと楽しみにして観ていたのに。。。。。
観なきゃよかった ><

『つぐない』『プレデター』のエイドリアン=ブローディー、やっぱりちょっと気持ち悪い、奇妙な外れた映画が多いような気がします。


 

おススメ度 25点 / 100点


観終わったあとにここまで不愉快な Disturbing な映画がありましょうか?

まちがえても、サイエンスフィクションじゃないですよ、この映画。

最初の前半はまだOKですが、後半からこれでもか、というほど、ストーリーがねじれあがって、クレイジーです。
吐き気するほどに。


こんな映画を観てしまったら、すぐにジャッカスなどの馬鹿なショーや、超どうしょうもないくらいくだらないコメディーものでも観て、気分転換図ったほうがいいと思います。



 

〜若干ネタばれ〜




クローン映画です。

が、一筋縄ではいかない、これでもか、というほど執拗なクローン映画で、『Moon / 月に囚われた男』のような、考えさせられたりするような、まともなものではありません。
むしろ、ホラー化していきます。
 



〜もっとネタばれ〜





科学者のカップルの、クライヴ(男)と、エルサ(女)。
会社と人類のために貢献しようと、クローンの研究をしてモンスターを作りだす。


まず、昆虫や、カンガルー、魚など、複数の生物を合わせたクローンを作るが、さらにモラルの領域を超え、女のほうが自分のDNAを混ぜ、半分その変な複数の生物で、半分は人間でできた、奇妙な物体を作り出してしまう。


自分の娘を持ちたいがメンタルにちょっと引っかかる問題があって作れずにいるこのエルサは、実験と称したクローン作成で、自身のDNAを持て遊ぶ。


下手な愛着が沸いて、みんなにも隠し続けるだけで、「実験を終わらせる」=「つまり、クローンを殺す」ことができないうちに、どんどん問題が加速化して大きくなり、とりかえしがつかなくなる。




 

〜以下、完全ネタばれ〜




半分は昆虫や動物でできているこのクローン。
名前をドレンという。
非常に強い性欲を持ち、感情をコントロールできず、力も強い危険な存在。


まずはクライヴをちょっと誘惑して、肉体的な関係を持つ。
カンガルー足のこのクローンに、大喜びで応じているこの男もいかがなものか。
(原因としては、このクローンが半分、エルサで出来ていることが考えられる。)


クローンのドレンは、性交渉のあと、カマキリか何かのようにオスを殺そうとするが、そこにエルサが現れ、殺人中止。
もし、エルサが現れなかったら、何かの昆虫のように、オスを食べてしまっていたのかもしれない。


その後、いったん死んだように見えたが、実は死んでおらず、変体して、男に代わる。

女クローン時代から、もともと大きかったが、さらに巨大化し、ますますコントロール不可になり、人を投げ飛ばして殺人、今度はエルサのほうと無理やり肉体的に関係を持ち、あげくには、邪魔になったクライヴを殺してしまう。


自らが作り上げたクローンに、破綻させられた科学者のカップル。
数人の死者まで出てしまった。


さらに、エルサは自身が男化したDNAを持つ動物昆虫ミックスのクローンとの間に、子供を宿してしまう。

数ヶ月後、会社に研究の業績と称して、妊娠を継続するエルサ。
自己犠牲を働いて、このモンスターと自分の間に出来た子を出産!?


いったい、どうかしてる。
まったくクレイジーな終わり方だ。
これが、未来の人間のためだって!?笑ってしまうよ〜。


でも、そもそも、半分しか人間ではないこのクローンと、性的関係が持てるほうがオカシイと私は思う。
複数の生物が混ざっているのに、半分どころかほとんど人間で出来ているかのような設定で、そこがちょっとオカシイ。

カンガルーや昆虫が混ざっている女や男とは、生殖器の形態も異なっていて、普通はそういう行為に及べないのでは?

それに、エルサの体も、そんな動物や昆虫のDNAを持ったクローンの子には、普通、拒絶反応を起こして、流産しているはずだ。
自分自身のクローンの子なんて、近親相姦より、もっと近いDNAで、とんでもない子が生まれるに決まっている。


本当に恐ろしい結末だと思うが、なんかちょっと、いや、かなり無理があるストーリー展開だと思った。


科学的にちょっと根拠がなさすぎる気がした。


このほかの映画につきましては、
『カレンダー』 『カテゴリ』 『新着記事』 などからご覧ください☆
人気Blog応援クリックヨロシクね♪

posted by ruff ruff at 00:00 | マイアミ ☁ | Comment(0) | SF (Sci-Fi)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。